お仏壇仏具の専門店です


各宗派の祀り方

仏像・掛軸を見る
 

ここでは、各宗派のご本尊と脇侍(きょうじ・わきじ)についてとお仏壇への祀り方について説明いたします

各宗派のご本尊と脇侍、飾り方は下記のようになります。ご参考になされて下さい

曹洞宗
日蓮宗
浄土真宗 大谷派(東)
浄土真宗 本願寺派(西)
浄土宗
天台宗
真言宗
ヒント

※各宗派にはご本尊があります。お仏壇をご用意する上で必要となります
※ご本尊・脇侍(きょうじ・わきじ)には、仏像と掛軸の二種類があります
※仏像の素材は、桧(ひのき)柘植(つげ)白檀(びゃくだん)金物、金箔などがあります

祀り方に地域性もありますが、正式にはご本尊は、お仏壇の中央に安置して、その両脇に、脇侍(きょうじ・わきじ)を安置します。脇侍は、本尊の両脇または周囲に侍して、本尊の教化を助ける役割を果たします

曹洞宗
座釈迦 曹洞宗・臨済宗 曹洞宗の飾り方
曹洞宗の飾り方はクリックで拡大します↑

【ご本尊名】釈迦如来
釈迦如来は「禅宗」「臨済宗」のご本尊でもあります

【脇侍】
向かって右側に道元禅師 左側に瑩山禅師

【お唱えする言葉】
南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)


日蓮宗
日蓮上人 日蓮宗日蓮宗の飾り方
日蓮宗の飾り方はクリックで拡大します↑

【ご本尊】日蓮上人
仏像・大曼荼羅を中心に掛けます

【脇侍】
向かって右側に大黒天 左側に鬼子母神

【お唱えする言葉】
南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)


浄土真宗 大谷派(東)
東阿弥陀如来 真宗大谷派浄土真宗 大谷派(東)の飾り方
浄土真宗 大谷派(東)の飾り方はクリックで拡大します↑

【ご本尊】東阿弥陀如来
浄土真宗本願寺派のご本尊と間違わないようにして下さい

【脇侍】
向かって右側に十字名号掛軸 左側に九字名号掛軸

【お唱えする言葉】
南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)


浄土真宗 本願寺派(西)
西阿弥陀如来 浄土真宗本願寺派浄土真宗本願寺派の飾り方
浄土真宗本願寺派の飾り方はクリックで拡大します↑

【ご本尊】西阿弥陀如来
浄土真宗 大谷派(東)のご本尊と間違わないようにして下さい

【脇侍】
向かって右側に親鸞聖人 左側に蓮如上人

【お唱えする言葉】
南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)


浄土宗
舟阿弥陀如来 浄土宗浄土宗の飾り方
浄土宗の飾り方はクリックで拡大します↑

【ご本尊】舟阿弥陀如来
浄土真宗のご本尊と間違わないようにして下さい

【脇侍】
向かって右側に善導大師 左側に法然上人

【お唱えする言葉】
南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)


天台宗
座弥陀如来 天台宗天台宗の飾り方
天台宗の飾り方はクリックで拡大します↑

【ご本尊】座弥陀如来
釈迦如来に似ていますが指の形が違います

【脇侍】
向かって右側に天台大師 左側に伝教大師

【お唱えする言葉】
正式には「南無宗祖根本伝教大師福聚金剛」(なむしゅうそこんぽんでんぎょうだいしふくじゅこんごう)、「南無阿弥陀仏」(なむあみだぶつ)を唱えることが多いようです


真言宗
大日如来 真言宗真言宗の飾り方
真言宗の飾り方はクリックで拡大します↑

【ご本尊】大日如来

【脇侍】
向かって右側に弘法大師 左側に不動明王

【お唱えする言葉】
南無大師遍照金剛(なむたいしへんじょうこんごう)


ヒント
ご本尊・脇侍ともにお仏像と掛軸があります。サイズも各種ありますのでお仏壇のサイズに合わせてお選び下さい。仏像と掛軸はどちらを祀りましても特に問題はありません
仏像・掛軸を見る