お仏壇仏具の専門店です


仏事の豆知識

仏事に関する知っておきたい事柄(豆知識)をお伝えしています


  • お仏壇を買う時期について
  • 各宗派の祀り方
  • お盆とお彼岸について


  • 十三仏について

    皆様は十三仏(じゅうさんぶつ)の掛軸を見た事があるでしょうか?仏壇の中や床の間に掛けている方もたくさんいらっしゃいます。十三仏は、初七日から三十三回忌までの合わせて十三回の追善供養をつかさどる守護仏です。このような重要な意味をもつ事は知らない方が多いと思いますので、十三仏について簡単にご説明いたします

    十三仏の掛軸はこのようなもので仏様の名称は下図のようになります
    十三仏の仏様について

    仏像・掛軸を見る

    初七日から三十三回忌まで十三回の追善供養をつかさどる守護仏のご説明
    【初七日】⇒不動明王(ふどうみょうおう)
    大日如来のお使いで、右手に魔障を打ち砕く剣、左手に悪を縛る縄を持って仏法を守護します。極悪人をも仏の教えにしたがわせるため、怒りの顔貌をしています

    【二七日】⇒釈迦如来(しゃかにょらい)
    仏教の開祖。二十九歳で出家し、修行の末に悟を得て人々を幸福へ導く法をひらきました。禅定印という指の組み方をしています。智徳兼備で理想の世界を教える仏です

    【三七日】⇒文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
    釈迦如来の西方に侍し、知恵と徳を司る。入々に悟り深い日常を授けてくださいます

    【四七日】⇒普賢菩薩(ふげんぼさつ)
    釈迦如来の東方に侍し、慈悲門を司り、理知第一でもあります。長寿にもご利益あり、徳の仏、女人救済の仏、如意を持っています

    【五七日】⇒地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
    釈尊の入滅後、弥勒菩薩がこの世に現れるまでの間、人々を救済し幸せをもたらします

    【六七日】⇒弥勒菩薩(みろくぼさつ)
    釈尊の弟子で未来の悟り、平安を約束する未来仏です。その名を唱える人はあらゆる罪が許されます

    【七七日】⇒薬師如来(やくしにょらい)
    病気がら救ってくださる功徳、健康を守ってくださる功徳(衆患悉除)とが備わっています。薬壷を持っています

    【百ヶ日】⇒観音菩薩(かんのんぼさつ)
    三十三身に変化し、自在な観音力を発揮して、人々の悩みを晴らし願いを叶えてくださいます。苦悩を解いて安心を与える仏です

    【一周忌】⇒勢至菩薩(せいしぼさつ)
    浄土三尊の一尊で、知恵の光で現世を照らし人々を迷いや苦しみから救い浄福を授けます。開運の仏で合掌しています

    【三回忌】⇒阿弥陀如来(あみだにょらい)
    「無量」という意味で、その知恵、慈愛ともに人々に注がれ至福へと導きます。あの世の浄土界を統べる仏で弥陀定印という指の組み方が特長です

    【七回忌】⇒阿閃如来(あしゅくにょらい)
    不動の菩提心を司る。厳しい修行で得た徳により、無病息災をお授けくださいます。悪魔を打ち砕く仏で災難を払ってくれます

    【十三回忌】⇒大日如来(だいにちにょらい)
    大光明遍照と呼ぼれ、その偉大なる知恵の光は昼夜の別なく人々を照らし繁栄をもたらします。左手の人さし指を右手で握っています

    【三十三回忌】⇒虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
    虚空蔵とは無尽の宝庫のこと。無口の褐徳、知恵を備えるとともに、人々のいかなる願いも満たしてくださいます。右手に智恵の剣、左手に福徳の宝珠を持っています

    故人は十三の仏様に守られて極楽浄土に導かれ成仏するとされています

    四十九日までの法要はもちろん、年忌法要、お彼岸やお盆などのあらゆる仏事の時に、ご先祖様への感謝の気持ちをこめて、十三仏の掛け軸を飾ってご供養します

    仏像・掛軸を見る